本当は残酷なムダ毛処理の事前事後の話

脱毛サロンで施術した当日を基準として、避けなければならない重要な注意事項があります。前後12時間のアルコールの摂取、エステ・マッサージ・入浴・スポーツなどでの体温の上昇、前後10日以内の予防接種、お手入れ箇所の日焼けなどです。脱毛サロンで無駄毛の処理を重ねていくと、それまでの面倒な自己処理は十中八九めまぐるしく軽減されます。しかしながら、その効果はすぐに出るわけではなく、結果が伴ってくるまでには一定の時間が必要なことも覚えておく必要があります。脱毛サロンに行き始めると、ムダ毛が減っていくにつれて、荒れていた肌が甦ってくるというのは本当です。各社で使われている保湿ローションに配合されている成分はそれぞれで特徴がありますが、大体は美肌に有効とされるプラセンタやヒアルロン酸などが配合されています。中には美容クリニックの医師と提携してオリジナルの保湿ローションを開発している脱毛サロンもあるほどです。脱毛サロンで美肌を得るためには、アフターケアまで気を抜くことができません。施術後には基本的に脱毛した箇所を充分に休ませることと保湿することが基本となります。施術の終了時に保湿ケアまで行うサロンが大半ですが、それに満足することなく自分の手のよるアフターケアもきっちり行いましょう。脱毛サロンに通うのは手間のかかるムダ毛の自己処理から解放されたいから通うワケですけど、でも予約日前の事前処理が必要という矛盾に問題は何も解決しないと思うかもしれません。確かにここのところを理解してほしいなと思いますが、間もなく自己処理の回数が減っていくはずなので、その日まで丹念な肌ケアを続けることです。脱毛サロンでの効果のひとつとして、肌がキレイになるという効果があります。脱毛マシン自体にもそのような効果をもたらす要因があるようですが、併行して使われているのがアフターケアで使われている、美容成分がたっぷり入った保湿ケアローションです。こういった禁止事項は、肌を落ち着かせるためには絶対必要なことです。特に体温の上昇は体内に熱を貯めこむこととなり、赤みや痒みといった肌トラブルを引き起こす原因にもなります。同様の理由でエステやスポーツも控えるように注意喚起されているわけです。ムダ毛のケアを脱毛サロンに一任したからといって、すぐに自分でするムダ毛処理から解放されるワケではないワケのひとつとして、脱毛してもらうに、脱毛予定箇所を前もって処理しなければならないからです。脱毛サロンでは基本的にシェービングサービスは提供されていないので、当分は自己処理が必要だという事は肝に銘じておきましょう。剃刀でムダ毛の処理をしていると、カミソリ負けをしたり、肌が傷んだりして肌トラブルが起こることもあります。特に肌がデリケートな方や肌の弱い方は、自己処理で使う道具にも要注意です。事前の無駄毛処理をする際には常用するツールにも気を留めたいものです。愛用者が多いのが安全剃刀や電気シェーバーを使うケースですが、肌トラブルの防止という観点からもなるべく剃刀よりも電気シェーバーを使う方がおすすめです。脱毛サロンに通えば、ムダ毛を減らすとともに美肌効果も期待できますが、大前提として肌を労わりながらケアする事が大きなポイントと言えます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ