インプラント治療にある程度の

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしてもどうしても院内感染のリスクは伴います。このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、治療の成否に関わる問題です。院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。
典型的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと思ったら大間違いです。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。
日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどんな歯科医にかかるかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ