インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。
残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。
医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。
インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。
定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、約三千円とみれば良いでしょう。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
セルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ