高額なインプラントは、一体何年くらいもつのか

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。
一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって治療後はほっておいていいとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
インプラント治療を始める前に治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。大まかな相場はありますので、心配しないでください。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、そこで調べるのも良いでしょう。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ