欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラント

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはインプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。アフターケアが寿命を決定します。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。
普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ