インプラント治療によって義歯

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのがだいたいの流れです。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始からおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を優先して良いでしょう。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
残存している歯と同様に歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療もどうしても院内感染のリスクは伴います。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが大事だと心得てください。
感染症対策について、具体的な取り組みをきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることは本当に少ないという点です。
見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。この治療の費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。
それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的です。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の腕次第で差は大きいと断言できます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ