インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんど

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。日々のケアが欠かせません。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので維持費がかかることを知っておきましょう。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。
この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ