皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、ま

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないということにはなりません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので安心して治療を受けることができます。
そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医がどのような技量を持っているかで差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。それでも、相場はあると言えます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。
代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、やはりインプラント適用が一番でしょう。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはたぶんないでしょう。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。
歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ