例外はありますが、インプラン

例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周病になることは珍しくありません。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療できるところが増えてきました。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。
この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
ほぼ全額自費とみるべきです。もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院して手術するケースも実際にあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療が事故につながる可能性があります。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ