インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨に

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってセルフケアは欠かさないようにしましょう。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。ちょっと調べればわかりますが、治療費は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に決められるのが建前です。
それでも、相場はあると言えます。インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ