上部体という人工歯の部分をかぶせる

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。
インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。
力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。
運動を習慣にしている方の場合はどうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはどこまでも続きます。しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を起こしているかもしれません。
放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ