喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることがその後の治療に関わる重要な問題です。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。
インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。
現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。
いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。
そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。長期間快適に使える歯を手に入れるため、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ