あごの骨に穴を開けるといえば

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。
インプラントの値段はまちまち!まずは相場のチェックから始めましょう!

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ