どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありませ

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。
普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。また歯科医の評判によっても費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。
自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
最大のデメリットは費用が高額になることです。ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。
ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、普通のケースではまず適用されず普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用はその数倍に及ぶことを重々承知しておいてください。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。
どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。
その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。
それは違います。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ