虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなっ

虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。インプラントで噛むようになり、しばらくして噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。
治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。
それは気にしないでください。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
インプラントについて、簡単に説明すれば虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、それと裏腹のデメリットもあります。最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。
また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。障害を負うにとどまらず、死亡事故も実際に報告されています。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れるのではと心配する必要はありません。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ