インプラント治療を受けたい方のネックに

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。
あとは、治療が失敗したとき、障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。
インプラント治療にかかる費用を合計すると標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。
複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい方に適用されます。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。入れ歯に比べ、インプラントではより自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないでください。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。
長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。保険がきかないため、高額になりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。
それは違います。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ