検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療は他の人工歯を使った治療に比べて歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。
もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。
それから、治療が失敗すると、場合によっては取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費が高額になることは問題点です。
治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
健康保険が使えることもまれにありますが、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。
歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクはあります。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの審美的な問題が起こることもあります。このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
それは違います。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、MRI検査への影響はありません。
人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ